今日は、「雇用形態って結局どれがいいの?」

という質問に対して、答えていきたいと思います。

 

最近では、自由で多様な働く形が増えてきました。

雇用の形にはいろいろな種類があります。

 

会社と雇用契約を結び従業員として雇われる働き方

会社と雇用契約を結び従業員として雇われる場合は、正社員、契約社員、パートタイム、派遣社員などの形があります。

正社員

正社員は、法律上の定めはありませんが、一般的には、次の従業員のことをいいます。

  • 雇用期間の定めがない者
  • その事業所の就業規則などで定められている所定労働時間働く者

 

契約社員

契約社員は、一般的には、雇用期間を定めて雇用される従業員のことをいいます。

契約社員は、専門職の場合や雇用期間が限定される場合が多く、正社員ほど縛られることもなく、専門的な能力を発揮してもらいやすいのが特徴です。

とはいっても会社と雇用契約を結ぶという面では、「労働基準法」の適用や通常の労務管理を行う必要があります。

正社員のように長期的な雇用の契約を約束したものではないので、「雇用期間のたびに契約を見直せる」というところがメリットかと思います。

 

派遣社員

派遣社員は、派遣元に雇われる形になるので、お給料も派遣元に派遣料金として支払うことになり、割高ですが直接的な労務管理を行ったり、雇用主としての様々な義務を負うこともないので、一時的、臨時的に人手が必要な場合は活用するといいでしょう。

しかし、人材育成など長期的な観点から見ると、会社への投資にはならないのであまりオススメはしません。

 

働く時間の柔軟化?

さらに、働く時間に関わることで分けると、8時から午後5時といったような固定化された時間に出社して仕事をするという形は一般的ですが、最近は様々な制度に置き換わることが多くなりました。

外勤などで労働時間が正確に把握できない場合は「みなし労働時間制」

出張や、直行直帰の外交セールスなど、会社が労働時間を管理し難いときは、「みなし労働時間制」を導入することが出来ます。

「みなし労働時間制」とは、あらかじめ定められた「所定労働時間」(1日8時間など)働いたとみなすことができる制度です。

テレワークや在宅勤務などの働き方で、多く活用されている制度です。

しかし、外勤であっても携帯電話などで具体的な指示を受けたり、随時業務の進捗業況を把握できる場合は対象外になります。

 

決められた範囲の労働時間内で出社と退社のタイミングを自由に選択できる「フレックスタイム制」

自由度の高い社員にとっては嬉しい制度ですが、スケジュール管理、自己管理能力がないと仕事がスムーズに進まないなどの欠点もあります。

当然に選択できるわけではなく、ちゃんと導入しないと制度としては適用されないので、注意が必要です。

働きやすい環境を作るには「フレックスタイム制」がおススメ!

 

自宅などで会社の監視を受けずに仕事をする「テレワーク」

こちらも自由度が高い制度で、コストの削減、業務の効率化、従業員満足度の向上などの様々なメリットがあります。

自宅や外出先で業務を行うと、会社関係者以外の人が情報を目にする可能性が生じるため、従業員への指導や、情報漏洩を防ぐ対策をしっかり取ることが重要です。

【注目】在宅勤務のススメ!テレワークを企業で導入するためには?テレワークについて徹底解説!

いずれも、導入には特別な手続きが必要になりますが、そう複雑なものではありません。

なので、上記の3つは個人的にはかなりおススメの制度となります。

 

直接雇用以外の働き方も活用

他には、直接雇用しない働き方として、個人事業主や、会社経営者や役員が委任契約を結ぶケースがあります。

この場合は、当然、「労働基準法」は適応されず、労働者としての保護も受けません。

そのため、トラブルを防ぐためにも契約内容をしっかりと確認しておく必要があります。

直接雇用の場合は、主に従業員の管理監督が必要で、企業側にほとんどの責任が生まれてきますが、委任契約であれば、お互いが個々の仕事に責任を持つというイメージが強いですね。

日々の労務管理や人材育成なども必要ないので、必要に応じてこちらもどんどん活用しましょう。

 

慢性的な人手不足に対応するためには、このように積極的に多様な働き方を推進して、一人一人の労働力を最大限に引き出すことが大切ですね。

 

 

お電話でのお問い合わせ

Tel:

営業時間 8:00~17:00 / 定休日 土・日・祝
※営業電話はご遠慮ください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力内容に誤りのないようお気をつけください。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    メッセージ本文必須