魅力のある会社とは具体的にどのような会社だと思いますか?

他より賃金が高い会社でしょうか?

自由な社風の会社でしょうか?

 

「どんな会社なら魅力的に思えるか」と考える時に必ず行ってほしいのは、

「自社の優秀な社員、会社に貢献度が高い社員にとって、どんな会社が魅力的か?」

ということを考える必要があります。

 

当然ですが、誰にとっても魅力的な会社であろうとすれば、中途半端になってしまったり、必ずボロが出てしまいますよね。

どんな人にとっても魅力的な会社ってあり得ないからです。

 

そうではなく、あなたが必要としている社員はどんな会社であれば是非働きたいと思うでしょうか?

それを考えていく必要があります。

 

主に見直すといいポイントをご紹介しますね。

 

給料などの報酬に関すること

働き続けても収入が増えない

成果を上げても給料が上がらない

働く人は、主にこのような悩みがあります。

 

解決策としては、スキルや成果に応じた評価制度を導入することです。

評価されるべき人が評価される職場になる仕組みを作ることが重要です。

 

労働時間・休暇などに関すること

業務が忙しい、有給休暇を取れる雰囲気ではない

長時間労働がいつまでも解消されない

 

人間は高いパフォーマンスを発揮できる時間は、限られています。

そうであれば、休むときはしっかりリフレッシュしてもらって、メリハリをつけて働いてもらう方が生産性は高くなるでしょう。

 

仕事が休めないことの主な原因は、一人の人に業務が偏るような属人的な働き方をしていたり、責任や役割が明確にされていないことにあります。

 

解決策としては、組織体制や業務の見直しにより、労働時間の削減を図ることが出来ます。

あとは、業務の仕組み化を図ることで、社員それぞれが能力や実力に頼ることなく、安定的に働くことが出来ます。

 

働き方に関すること

子育て中や家庭の事情などで、フルタイムで働けない

 

優秀な社員が居るのに、家庭の事情や働く場所に囚われてしまっては、有り余っている能力を発揮してもらうことは出来ません。

 

出来るだけ柔軟な働き方が出来るような勤務体系を見直したり、テレワーク制度の導入を図りましょう。

 

キャリアビジョンが不明確

若手とベテランが同じ業務、職責で働いていて、いつまでもステップアップが見込めない

 

解決策としては、明確なキャリアアップの道筋を示してあげることです。

 

そのための人事評価制度を導入していることがカギになります。

もちろんスキル向上のための研修の実施を積極的に行うことも重要です。

 

明確に示してあげることで、キャリアアップのための希望や意欲が湧いてきて、積極的に能力を発揮してくれるようになります。

 

成長機会に関すること

自分の成長が感じられない

新入社員の育成の余裕がない

 

解決策としては、個別面談の回数や質を見直して、それぞれの成長段階に合った教育を行うことです。

 

それぞれの成長段階を無視して、新人に無理な業務を任せていたり、幹部クラスの社員が簡単な仕事をしていたりすることがよくあります。

 

それは、それぞれの成長意欲を邪魔しているだけでなく、費用対効果を考える上でも、間違った選択です。

 

是非、これらのことを意識して、体制を見直してみてくださいね!

 

 

お電話でのお問い合わせ

Tel:

営業時間 8:00~17:00 / 定休日 土・日・祝
※営業電話はご遠慮ください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力内容に誤りのないようお気をつけください。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    メッセージ本文必須