年次有給休暇の取得義務化について

働き方改革で「年次有給休暇の義務化」が始まってるって言われているけど、よくわからない・・・。

具体的に、どのようにして対策をとればいいのか、悩まれていませんか?

「働き方改革」の一部に2019年4月に施行された「年次有給休暇の取得の義務化」というものがあります。

とはいっても、すべての有給休暇に対して義務になったわけではなく、義務となる基準日、条件と日数は決められているので、そのポイントを押さえておくことが大切です。

年次有給休暇の基本的なルール

まずは、年次有給休暇のルールをおさらいしてみましょう。

そもそも会社の業種や規模に関係なく、年次有給休暇の権利は、

・入社日から6か月間の継続勤務をしていること

・出勤率が8割以上であること

(この8割以上の出勤という条件は、業務上の休業、産前産後休業、育児休業、介護休業、年次有給休暇を取得した日等は含めないといけません。)

この2つを満たせば、パートアルバイトでも関係なく自然に発生します。

 

よく、「パートアルバイトは有給休暇がないのでは?」

と聞かれることがあるのですが、実際に有給休暇が付与される日数は、その人の「継続勤務日数」と「働く日数」によって決められています。

勤続年数 付与日数
6か月 10日
1年6か月 11日
2年6か月 12日
3年6か月 14日
4年6か月 16日
5年6か月 18日
6年6か月以上 20日

例外的に、次のようにパートアルバイトなどの働く時間が通常より少ない人も、それに応じて年次有給休暇の日数が決められています。

・週の出勤すべき日数が4日以下(週以外で定める場合は、年間の出勤すべき日数が216日以下)

かつ

・週の出勤すべき時間が30時間未満

付与日数 週の出勤すべき日数 年間の出勤すべき日数 勤続年数
6か月 1年6か月 2年6か月 3年6か月 4年6か月 5年6か月 6年6か月
4日 169〜216日 7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日 121〜168日 5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日 73〜120日 3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日 48〜72日 1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日

年次有給休暇の権利は、2年が時効なので、翌年度まで繰り越しが出来ることになりますね。

どこが変わったの?

今回の法改正で義務化されたのは、上記のうち、「年10日以上付与される人」に対して、そのうちの年5日について、会社が時期を指定して取得してもらうことが必要となりました。

つまり、

  • 2019年4月より前に付与していた年次有給休暇については対象にならない。
  • 年10日以上付与されない人は、義務化の対象外。
  • 2019年4月以降、最初に年10日以上の年次有給休暇を付与した日から、数えます。(4月からではない)
  • 本人の申し出がなければ、会社側が取得時期の希望を聞いて休んでもらわなければならない。

ということになります。

具体的な対策は?

これらを踏まえて、具体的な対策としては、次の通りです。

 

年次有給休暇管理簿の作成・保存

年次有給休暇の基準日、与えられた日数、取得・指定した時季を明らかにした書類(年次有給休暇管理簿)の作成・保存が3年間義務付けられています。

※ 労働者名簿または賃金台帳の中に記載、労務管理情報システム等を用いる方法でも可能なので、一括で管理できる体制を整えておきましょう。

もし、曖昧な管理になっている場合は、管理方法を見直しましょう。

 

年次有給休暇を取得しやすいよう工夫しましょう

従業員がみずから申し出て取得した日数や計画的付与で取得した日数は、今回の時期指定の5日から控除できます。

「休暇を取りやすい雰囲気ではない」「上司や同僚への配慮やためらいなどの理由から休暇を取りたくても取れない」などといった事情が、まだまだあるようです・・・。

上司みずから休暇を取り、休みやすい雰囲気を作る。

担当や業務内容を見直し、誰かが休んでも全体でカバーできるような体制を整える。

あらかじめ有給休暇を取れるよう、シフトやカレンダーなどに入れ込んでもらうようにしましょう。

 

年次有給休暇活用のメリット

年次有給休暇の取得率を上げることで様々なメリットがあります。

「義務だからと仕方ない・・・」考えるのではなく、有給休暇の取得率を上げることで様々なメリットがあります。

・従業員満足度を上げる=リフレッシュ、やる気、モチベーションが上がる

・計画的にメリハリをもって仕事に取り組むことができる=生産性の向上、業務の仕組化

・働きやすい職場というイメージアップ=求人に有利、人が集まりやすくなる

年次有給休暇の取得義務化についてのご相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

 

お電話でのお問い合わせ

Tel:

営業時間 8:00~17:00 / 定休日 土・日・祝
※営業電話はご遠慮ください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力内容に誤りのないようお気をつけください。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    メッセージ本文必須