あせって採用をした結果、妥協をしたり、ついついフィーリングのみに頼ってしまうということはありませんか?

その流れで、不適切な人を採用してしまい、後でトラブルになったり、職場で問題が起こってしまった・・・。

あなたの会社では、そのようなことはありませんか?このように採用の際に、「どんな人を雇うべきなのか、雇うべきではないのか・・・」ということが定まっていない場合には、注意が必要です。

それが後々トラブルの原因になり、さらには顧客への悪影響、職場の社員全体のモチベーションを下げる結果になってしまうからです。

 

今回はそんな、採用で失敗したくない方のために、「選考過程で重視するべき4つのポイント」を紹介したいと思います。

選考過程で重視するべきたった4つのポイントとは?

焦って採用を決めてしまうと、入社後にトラブルとなることがあります。

実は、選考過程において、「採用を決めるべきか、決めないべきか」は、たった4つのポイントを押さえておくことで、採用における失敗を予防することが出来ます。

 

①自社の雰囲気に合っているか?

言うまでもなく「社員は会社の鏡」だと言えます。

採用を決める際に、特に重要なのは、あなたが一緒に働いていて違和感がない相手かどうかということ。

いくら優秀な人を採用したからといって、あなたの会社に溶け込めないような、考え方も価値観も合わないような人は、職場の空気を乱すだけですので、いいことがありません。

特に、これから一緒に働くこととなる既存社員にも、判断材料の一つとして意見を聞いておくのはいいでしょう。

 

②健康的であること

長く働いていただくうえで、「健康である」ということは必須条件です。

面接の時点では健康そうに見えた人が、実は持病を持っていたりして、入社早々休みがちになっている・・・ということは少なくありません。

そんな時でも、いったん雇用契約を結んだ以上は、それだけの理由で即座に解雇するということははっきり言って難しいです。

そのような理由もあり、「既往歴や持病の有り無し」を事前に申告してもらうことが必要です。

申告の方法は、口頭でも差し支えないですが、「健康状態の申告書」などといった書面で確認できるものがあるとよいでしょう。

 

③約束は守れますか?

これはかなり重要な要素です。

例えば、履歴書の様式をあらかじめ指定しているのにも関わらず、無視して違うものを提出するようなことがあります。

写真貼付と書いているのに、何らかの理由があるのかもしれませんが、写真なしで送ってくる。

あらかじめ準備が必要なものを、期限が過ぎてもなかなか提出しない。

約束の時間に何の連絡もなく遅れてくる・・・。

細かいことかもしれませんが、これらの基本的なことを「・・・まぁいいか。」と放っておくと、仕事の面でも必ずそれが表れてきます。

あらかじめ、うまく伝えていなかったこと場合は別ですが、約束をした以上、最低限のルールを守れる人かどうかはとても重要です。

 

④最後には人間性

一度の面接や短い選考過程の中で、人間性を知るということはかなりハードルが高いように感じます。

そこで、すべてを知ることは不可能ですが、その短い選考過程で相手の話をよく聞き、よく観察し、その人の本質を知ろうとすることはとても大事なことです。

例えば、選考過程の中で、面接の機会を数回設ける場合があります。

その時に、相手の言葉によく耳を傾け、その人の本質を注意深く観察してみましょう。

 

人は、「言葉」で出来ています。

生まれた時から言葉を知っている人はいないので、当然、人は成長しながら言葉に出逢います。

そして成長していきながら言葉を覚えていきます。

 

面接で、お話を伺っていると気づきますが、会話下手で不器用でも、ポジティブな言葉、前向きな言葉を使っている人、使おうとしている人は、「問題に直面しても、物事をなんとか良くしよう」と考えることのできる人だとわかります。

 

逆に、過去の失敗や退職の理由を自分以外の誰かのせいにしようとしたり、仕事の内容よりも給料や待遇の内容ばかりに興味を示す人には注意が必要です。

 

当然ですが、「履歴書の内容、職務経歴や資格、学歴」のみで、その人を判断することはできません。

 

優秀な人を採用したい、とほとんどの人が思われるかもしれませんが、例えば、その人の能力が自社において必要な職種、仕事内容にマッチしていて、自社で充分に活かされて能力発揮することができるかどうかということは、また別の話だからです。

 

履歴書の内容を鵜呑みにしたり、学歴などを過大評価するのではなく、冷静に相手を観察してポイントをチェックすることが大切です。

 

”社員は会社の鏡です。”

最高の人、優秀な人を選ぼうと身構えるのではなく、「自社にとって最適な人を見つけ出す」という気持ちで、是非取り組んでみてくださいね。

 

お電話でのお問い合わせ

Tel:

営業時間 8:00~17:00 / 定休日 土・日・祝
※営業電話はご遠慮ください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力内容に誤りのないようお気をつけください。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    メッセージ本文必須