「社員のやる気がいまいち感じられない」

「部下が楽しそうに仕事をしていない・・・」

このように感じることはありませんか?

 

どうせ仕事をするのであれば、できるなら生き生きと楽しそうにしてもらいたいものですよね!

 

あなたは普段、部下や社員に自分達の仕事についてどんな風に伝えているでしょうか?

 

有名な話で『3人のレンガ積み』という話があります。

中世のヨーロッパの町。

建築現場に3人の男が働いていました。

 

通りかかった人に『何をしているの?』と聞かれ、それぞれの男はこう答えました。

 

『レンガを積んでいるのさ。』最初の男は答えました。

 

2人目の男が答えたのは『金を稼いでいる。』ということでした。

 

そして、3人目の男は明るく顔を上げて言いました。

『後世に残る町の大聖堂を造っているんだ!』

 

この3人の男は、外見上は同じ仕事をしていても、「人が内面に抱える意識はまったく異なる」ということを示しています。

 

1人目の男は、永遠に仕事を「作業」として単純に繰り返すだけの生き方のようです。

 

2人目の男は、仕事を「稼業」としてとらえています。

 

そして、3人目の男は、仕事を「使命」と感じてやっています。

彼の働く意識は大聖堂建設のため、町のためという大きな目的に向いています。

 

このことから、「どんな仕事であっても、心のとらえ方ひとつでまったく違ったものになる」ということがわかりますよね。

 

あなたの会社の部下の仕事に関しても同じことが言えます。

3人目の男のように、一見は単純な作業だと思えるような仕事でも、自分の仕事を「使命」としてとらえ、心を込めて仕事をすれば、自然と働く”意志”と”意欲”が湧いてくるものです。

これだけで、心身ともに、いつもの仕事が楽しく、意味のあるもののようにはっきりと意識することが出来ます。

 

最初はどんなに小さな仕事、単純な仕事でも、決してそれだけではない、必ずそれ以上の大きな仕事としっかり結びついています。

 

社員に仕事を教えるときには、率先してそのようなことをしっかり伝えてあげましょう。

きっとやる気と自信がわいてくるはずです。

 

つまらない仕事はないということ。

つまらない仕事があるとしたら、仕事をつまらなくしている人間がいるだけです。

 

お電話でのお問い合わせ

Tel:

営業時間 8:00~17:00 / 定休日 土・日・祝
※営業電話はご遠慮ください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力内容に誤りのないようお気をつけください。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    メッセージ本文必須