職場の空気が悪い、社員の入れ替わりが激しい、あるいはマンネリ化している・・・。

 

こんなことで悩んでいませんか?

 

それは、今のままでは危険だというサインかもしれません。

 

そんな職場では、個人個人の問題ではなく、社内環境に問題がある場合がほとんどです。

社内環境を改善すれば、職場の空気も自然と良くなります。

 

なんとなく職場に問題があるのはわかっていても、はっきりと推測できるわけではないので、改善方法がわからない・・・。

 

そんなときは、まず”現状”と”あるべき姿”とのギャップを明確にしていくことが重要です。

 

現状を明確にする

まずは、現状の明確化をしてみましょう。

 

仕事上の課題・目標、チームワーク、リーダーシップなど、自分と職場の状況についての以下のようなアセスメントをチェックしてみるのが有効です。

 

・職場ではみんなが自由に意見を言えることができる

・職場ではお互いの意見や提案をきく雰囲気がある

・職場では関連部門との連携がうまくいっている

・職場では困った時にお互いがサポートし合う雰囲気がある

・今の仕事にやりがいを感じている

・仕事に見合った評価を受けている

・従来のやり方にとらわれず、常に新たなやり方を試している

・職場では将来の会社像や夢について語り合うことがある

・職場の目標設定は十分納得できる

・スタッフから信頼されよく相談される

・スタッフの考えや思いを質問を投げかけることよって引き出している

・スタッフの行動や成果に対してタイムリーにフィードバックしている

・スタッフ一人一人の強みに目を向けている

・スタッフ全員が経営感覚を持ち収益の向上に努めている

・会社のビジョンがすべてのスタッフと共有されている

 

これによってできるだけ多くの「事実」を明らかにしてみましょう。

 

望ましい状態を明確にする

その後で、”望ましい状態の明確化”を行っていくと、そのギャップを引き起こしている理由と背景が発見できると思います。

 

理由と背景がわかったら、それを改善するための行動計画を具体的に立てていきましょう。

 

それから定期的にフォローと振り返りを繰り返すことで理想の状態に近づいていきます。

 

これらは、経営者だけだと気づきづらいので、会社全体で行う必要があります。

 

是非、試してみてください!

 

 

お電話でのお問い合わせ

Tel:

営業時間 8:00~17:00 / 定休日 土・日・祝
※営業電話はご遠慮ください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力内容に誤りのないようお気をつけください。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    メッセージ本文必須