あなたは、企業理念やビジョンを示すことで社員のモチベーションにとてもいい影響を与えることを知っていますか?

今回は、「企業理念」や「ビジョン」とはいったいどんなものなのか。

経営者が「企業理念」や「ビジョン」を示すことで、社員のモチベーションにどんな影響を与えるのかということをお伝えしたいと思います。

 

「企業理念」や「ビジョン」とは?

会社という組織は、ある種、人と同じような存在だと言えます。

実際に、会社には法人格が与えられており、一市民と同じく権利を持ち、義務を負って社会の中で生きています。

また、会社は人と同じように、様々な個性を持つもので、外見も違えば、中身も精神性も違います。

 

例えば、人はそれぞれ違った体格があります。

会社もそれと同じように、売上規模が大きいとか小さいとかの違いがあります。

利益率が高くて脂肪が厚い会社もあれば、利益率が低くて痩せている会社もあります。

その他にも、人はそれぞれ特技を持っているし、経済力や性格もそれぞれ違っています。

それは会社も同様です。

 

そして、精神性についても同じことが言えます。

私たち、一人ひとりが、独自の理念や信条、志を持って生きていこうとするのと同じように、会社組織もまた、何らかの精神の軸をもって活動しようとします。

こういった会社の精神性を表明するものとして、「企業理念」や「ビジョン」があります。

 

企業理念やビジョンは簡単に言うと、会社が「こうありたい」という思いや「目指す方向性」を表明したものです。

どのように社会の一市民として自社が貢献をしていくか、いかに理念のもとに人を呼び寄せるか。

そのために事業精神の軸を表明する必要があるのです。

 

ビジョンを示すことで社員に与える影響は?

ビジョンを示すことは、社員のモチベーションにとてもいい影響を与えます。

ほとんどの人は、お金のため、食っていくために仕事をしています。

でも、それだけの理由であれば、別に同じ会社で長い間働く必要はありません。

 

社員が望んでいるのは利益を出すこと、稼ぐことなど、目先のことだけではありません。

人は組織の中で働いている限り、会社の「方向性」が見えないととても不安になり、とてもつらいと感じるのです。

それが、離職の原因になったり、モチベーションに影響を与える要因の一部でもあります。

 

これについて有名なマズローの欲求五段階説から考えてみます。

 

実は、これら五つの欲求は独立して存在するのではありません。

第1段階が満たされたら第2段階へ、第2段階が満たされたら第3段階へと進化していくものです。

 

逆に言うと、第1段階が満たされなければ、第2段階の欲求は出てきませんし、第2段階が満たされなければ、第3段階欲求は出てこないのです。

 

では、冒頭に示した「ビジョン」は第何段階の欲求なのでしょうか?

 

「示されないと不安を感じる」という点で、第2段階の「安全欲求」に含まれます。

 

そのため、きちんとビジョンが示されないと、第三段階の「この会社が好きだ」という思いや、第四段階の「頑張って人から認められたい」という意欲がどうしても湧いてこないのです。

 

一方で、社長は社員に「こうしてみてはどうですか?」「是非、やらせてください!」という主体性のある社員を望んでいますよね。

それが出来る社員は、第五段階の「自己実現欲求」の持ち主です。

つまり、第一段階から第四段階の欲求が満たされない限りは出現しません。

そのため、ビジョンを示さない、社員と共有していない会社は、社員の欲求が第2段階で止まってしまいます。

一方で、ビジョンを示した会社では、第五段階の欲求を持った主体性のある社員が育つのです。

 

長くいたいと思える会社は3つの円が上手く重なること!

世の中のたくさんある会社の中から一社を選び、そこで働こうとする人間からすれば、その会社がいったいどんな理念を持ち、利益追求に対してはどんなスタンスを持っているのかはとても気になるところです。

それが自分自身の考え方や価値観とどう重なるのか、重ならないのか・・・。

会社と社員の関係は、お互いに契約を交わし、いざ入社して働いてみないとわからない部分も多いです。

 

いずれにせよ、この3つの円が上手く重なる会社が”長くいたい”と思える会社ではないでしょうか。

そのためにも、経営者が明確なビジョンを持ち、それを社員に発信し続けるということはとても大切なことなのです。

 

 

 

お電話でのお問い合わせ

Tel:

営業時間 8:00~17:00 / 定休日 土・日・祝
※営業電話はご遠慮ください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力内容に誤りのないようお気をつけください。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    メッセージ本文必須