「髪の毛の色は黒でなければならない」

「ピアス、アクセサリーは禁止!」

「派手なネイルは禁止!」

多くの中小企業では、以前は厳しい傾向にあった社内の「身だしなみ基準」が、甘くなっている会社が増えています。

 

「身だしなみまで細かく定めていたら、従業員の数を集めることが出来ない」と考えるからなんですね。

 

例えば、鼻ピアスをして金髪で派手なイメージの人でも、音楽やアパレル、美容関係の仕事であれば、派手な服装や髪形をしていても、職場のイメージにマッチしていれば、むしろその方がいいのかもしれません。

しかし、老若男女、幅広い客層をターゲットにしている、飲食店や小売業、保育や介護業界、販売や営業職などであれば、派手な服装や髪型を禁止にしている企業がほとんどですよね。

 

このような業界では、人がなかなか集まらない状況の中でも、

本来であれば、採用したくないような身だしなみをしている人であったとしても、受け入れざるを得ない状況に追い込まれているケースも少なくありません。

 

また、不潔な印象を与えるような身だしなみ、ボサボサの髪をそのままにしている従業員についても、注意したい気持ちを抑え、

「あまりきつく言うと辞められると困る・・・」と思い、仕方なく目をつむっている方も多いのが現状です。

 

ただ、どれだけ人手不足で困っている状況だとしても、「職場のイメージに合わない人を注意もせずそのままにしておく」ことは絶対に避けるべきです。

 

人は中身よりも見た目が大事?!

「人間は、見た目じゃない、中身が大事だ!」と主張する人もいます。

 

確かに、人間は外見だけで判断されるべきでないし、最後は内面が大切です。

しかし、私たちは確実に目で見える情報から様々な角度で、相手を判断してしまっているということは否定できません。

 

やっぱり、見た目はその人の内面が表れるからです。

 

「メラビアンの法則」を聞いたことがありますか?

「メラビアンの法則」とは、アメリカの心理学者、アルバート・メラビアン氏が提唱したものです。

 

人は、「視覚・言語・聴覚」から、たくさんの情報が与えられたとき、どの要素を優先して判断しているかを表したものです。

・視覚・・・55%(見た目、表情や立ち振る舞い)

・聴覚・・・38%(話し方、声のトーン)

・言語・・・7%(話している内容)

つまり、言語情報(話している内容)よりも、視覚情報(身だしなみや表情、立ち振る舞い)が人の印象を大きく左右するということが明らかになっています。

この視覚情報(55%)と聴覚情報(38%)を合わせると9割にも達するため、「人は見た目だけで9割を判断している」という解釈が広まったんですね。

 

ですので、ある程度の基準を定め、身だしなみに気を付けることは、「相手のこと、お客さんのこと、会社のこと、みんなのことを考える」ということにつながってきます。

 

どうしたら従業員に伝わるの?

このように、どんなに「見た目は大事だ!」と訴えて、

経営者がトップダウンでルールを厳格に定めて従業員に強要しても、反感をかわれるだけで浸透しないでしょう。

 

大事なのは、「トップダウンで厳格なルールを定める」ことではなくて、

「自社の価値観に照らし合わせて、自社に勤める社員として、どのような身だしなみをするべきか?」

ということを自らが考えることが大切だからです。

 

そのようなことを全員で一緒に考える機会を、是非作るようにしてみましょう。

 

職場のルールを決めるときは、大前提として、

「会社のビジョンやミッション、価値観などが明確になっていて、それを全員が理解していること」

が必要です。

ビジョン・・・「会社が目指すべき未来、世界観」

ミッション・・・「会社の使命、存在意義」

 

「ディズニー」の身だしなみ基準?!

「ディズニー」では、キャストの身だしなみ基準について、ホームページで公表しています。

 

「ディズニーのように、自社ではそこまで厳格に定めなくても・・・?」と思われるかもしれませんが、

 

その基準が、「とてもわかりやすく納得感がある説明の仕方」になっているので、

あなたの会社で身だしなみの基準を定めるときにも、是非、参考にされてみてください。

https://www.castingline.net/disney_qa/look.html

 

企業理念やビジョンを前提とした、身だしなみのルールであれば、

「なぜ、身だしなみに気を付けるべきなのか?」

「なぜ、身だしなみについて、一定のルールを定めなければいけないのか?」

ということを、従業員にも理解してもらいやすくなります。

 

また、職場の全員で身だしなみのルールを決めれば、上司に押し付けられたものではないので、自主的にルールを守ろうというような意識が芽生えて、身だしなみも自然に整うようになります。

 

身だしなみについて部下に注意する時も、基準が明確なので指摘しやすいですし、言われた方も納得ができるので、お互いにストレスを感じることもなくなります。

 

是非、試してみてくださいね!

 

 

お電話でのお問い合わせ

Tel:

営業時間 8:00~17:00 / 定休日 土・日・祝
※営業電話はご遠慮ください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力内容に誤りのないようお気をつけください。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    メッセージ本文必須